MENU

美尻を意識したウォーキングを取り入れてピーマン尻を解消する。

 

お尻を後ろから見ると台形に広がってきました。

 

ピーマン尻になってきているようです。

 

肌の弾力がなくなるのと筋肉の衰えが原因だと思いました。

 

 

 

始めはマラソンや水泳など有酸素運動で鍛えようとしました。

 

運動量を増やして鍛えているとやり過ぎはいけないというネット記事を見ました。

 

激しい運動で肌や筋肉が疲労して老化を早めるという説があるようです。

 

 

 

ウォーキングに変えて歩き姿を見直すことにしました。

 

歩き方はローヒール、ハイヒールで変えます。

 

 

 

ローヒールの場合は「かかと」で着地するような体重移動をします。

 

足を出して反対の足に体重を載せたら「かかと」から着地します。

 

膝を曲げるのは足を前に出すタイミングだけです。

 

 

 

ハイヒールの場合は「つま先」から着地します。

 

足を出したら「つま先」を意識して足の親指から着地するようにします。

 

体重移動は「つま先」からかかとに載せていきます。

 

前から後ろに体重が移動して最後はヒールに体重が載ります。

 

 

 

ヒールの高さによって着地場所が違います。

 

ローヒールは「かかと」ハイヒールは「つま先」を意識すると歩き姿がきれいです。

 

 

 

ウォーキングは会社までの通勤や生活に取り入れられる運動です。

 

正しい体重移動をして歩いていれば筋肉の付き方が変わってくるはずです。

 

美尻を意識してヒールの高さによって歩き方を変えようと思いました。

スポンサードリンク